ドクダミのような会社でありたい。

  
「ドクダミの詩」全文