中期経営計画 2012年4月 > 2017年3月

「異端でメジャー」ステージアップ5ヵ年計画

昨今の自然志向・スローライフ志向に加え、
昨年の震災以降、生活者マインドにおける本質志向の高まりを感じています。
アールシーコアはBESS事業において、自然材をふんだんに使った遊びごころある住宅の提供を通じて、
「ユーザー・ハピネス」の創出を目標に、常に“暮らしの本質”を大切に展開してきました。
ブランド創設以来変わらぬ姿勢と活動が、時代の変化の中で、
共感とともに広く受け入れられるようになったと実感しています。
BESSブランド創設25周年を経て、ブランドの基盤は固まりつつあると認識しています。
次なる展開に向け、2012年4月から5ヵ年におきまして、主軸であるBESS事業を中心に、
中期経営計画『「異端でメジャー」ステージアップ5ヵ年計画』を立ち上げ、推進してまいります。

計画方針
「異端で」ユーザー目線の本質・常識(業界の非常識:異端)を貫き続ける
「メジャー」BESSブランドの確立、時代の変化捉え、規模拡大のステージへ
連結計算目標 2017年3月期
これまで培ってきたBESSブランドをさらに強化し、独自性を深めながらより多くのユーザーにBESSの暮らしを楽しんでいただくとともに、次代の成長を担う新たな収益源の確保も見据え、中期経営計画最終年度である2017年3月期に下記の連結計数目標の達成を目指します。
目標値(2017年3月期)売上高180億円/営業利益率 8%/ROE 18%:2012年3月期 売上高94.4億円/営業利益率 7%/ROE 10%:比較 売上高 191%/営業利益率 +1ポイント/ROE +8ポイント

感性マーケティングの推進

アールシーコアは、創業以来、「消費社会が成熟し物が豊かになったら、
“感性の時代”」という捉え方を背景に、“感性マーケティング”を推進してきました。
「衣」「食」においては既にそうであるように、
住宅においても、機能・性能よりも、好きか嫌いかで選ぶ時代―“感性の時代”になってきたと感じます。
物質文明が進むとともに、この潮流はますます強まっていくという認識の下、
感性マーケティングをさらに積極的に推進していきます。

潜在マーケットに向け、感性に働きかけるマーケティングで市場を創造します。

感性で選んでいただく——そこを入り口とした市場戦略がBESS事業の特長です。
広報宣伝、カタログ、単独展示場、複数展示のモデル棟、接客、契約、お引渡し、アフターサービス…その全てでBESSへの好感度を高め、ファンになっていただくことを目指したスタイルを貫き、推進していきます。

「農耕型営業」で、理想の営業スタイルを目指します。

感性を刺激するBESSの発信に対し、興味を持たれて展示場に来られた方に好きなだけ自由に見学し体感していただきます。
また、何度でも展示場を訪れていただきます。そして、BESSの家での暮らし実現に向け、
営業が様々なお手伝いをいたします。例えるなら、種を蒔き芽が出て実がなるという、農業のような営業スタイルです。

住宅事業の「第3極」として、独自のポジションを形成します。

住宅市場は、高性能型住宅(スマートハウス)とローコスト住宅という、いずれも“ハード”を売りにした中で
2極化されつつあります。
これに対し、当社は元来スタンスを異にしており、BESS商品を通じて、
ハードを超えたソフト(楽しい暮らし)を提供する「第3極」として独自のポジションを形成します。

トップページ > IR情報 > 中期経営計画

  • 最新トピックス
  • 中期経営計画
    • 計画概要
    • 進捗状況
  • 業績ハイライト
  • 財務・配当方針
  • IRライブラリ
  • 株式・配当金情報
  • 株主優待制度
  • IRカレンダー
  • 電子公告
  • アナリストレポート等
  • 株価情報